地域別情報:町ごとの情報

南部町

南部の武田信玄 川の名人となる。

鍋田さん南部町のもじり漁伝承者 鍋田進さんは、NPO法人が実施する、高校生聞き書き甲子園における、聞き書き対象:全国の海・川名人20名に認定されました。

「南部町の武田信玄知らないなんて~」と南部町役場で言われ、あわてて伺った南部町万沢の鍋田 進さん
いつもお世話になっている「まるわ茶園」さんもお知り合いとのことで、 ご一緒にうかがいました。

なんの事前勉強もなくうかがった御自宅には、 ものすごい大きな燈籠や、庭石、植木…
造園屋さん??とおもいつつご挨拶をさせていただき、玄関へ。
「こうすると、魚がよってくるんだ」とやさしくお話ししてくださる鍋田さん。
なるほど!武田信玄そのものです。

お話を伺うと…冒険家の風間深志さんも敬愛する、全国でただひとりのもじり漁の伝承者!
雑誌や本、各種メディアでも有名な方です。

「もじり漁」とは、竹で編んだ籠を仕掛けて魚を獲る漁で、富士川では、幕末期には相当盛んに行われ、船の運航に支障が出るほどだったと言われています。

現在使われている「もじり」は、円錐形で底面が上流に向けられ仕掛けます。底面の直径は広い部分(いわゆる横)で210cm、縦140センチ。直径約3cmの竹を割らずに組んであり、全長は約6メートル!陸に上げられているときは、籠はついていませんが、川に仕掛けられるときは、長さ45cmほどの魚籠が円錐の先につけられます。

流れのきつい、瀬に奥様と息を合わせて仕掛けますが、とても危険で誰でもできるものではないそうです

鍋田さんは、「へーうちのおかーちゃんがえらいってゆうから今年はもうやらんって考えてるだ」とおっしゃいましたが…たったひとりの伝承者。やめないでいただきたいものです。

アユ・ウナギのほか、モクズガニ(ここらではズガニと呼ぶ)、コイ、ナマズ、ウグイなどもとれるそうです。


子どもたちも見学に来たり、 大学生は体験に来たりするそうで

初めて見た「もじり」は巨大!! すごいですー

そして、 第一回海・川の聞き書き甲子園 全国20名の名人に選ばれた方

すごーい

でも

なによりすばらしいと思ったのは

地元、地元の人のためならば、損得考えず成し遂げてしまうということ。
企業のCSRもボランティアも
言葉に表現せずとも実行している鍋田さん。すばらしすぎますー


またもういちど、じっくりお話しおきかせくださいね。

(しかし、本業はなんですか??)

2010.10.05


森の芸術家 チェンソーアーティスト

チェンソーアートとはアメリカや北欧が発祥のアート。全世界に愛好者がたくさんいらっしゃって世界大会、全日本大会が各地で開催されているそうです。

このチェンソーアートを2005年からはじめ、なんと!2006年には世界大会で第3位となった達人、この方が南部町にいらっしゃる久保田 泰さん
家業の建具屋を受け継ぎ、かわいいクマから迫力満点のコイの滝登りまでが並ぶ久保田さんの自宅には、週末には各地から友人が集まりにぎやかに過ごすそうです。

奥様は手芸からガーデニング、お料理まで幅広い達人!笑顔の絶えない明るいお二人の元に、また伺いたくなりました。

チェンソーアートは注文にての販売はもちろん、実演販売もしてくださいます。
2010峡南の夏まつりパフォーマンスの様子はこちら
TEL:0556-66-2155
FAX:0556-66-2400

トップに戻る

Copyright (C) 2010 Fujikawa Yume Mirai. All Rights Reserved.