TOP
協議会メンバー紹介
地域づくり活動・中間支援活動とは
支援の紹介
リンク
 
 
  峡南地域活動支援協議会メンバー紹介

● 峡南地域活動支援協議会 代表 窪田 真弓
生活協同組合理事、環境系NPO法人理事をつとめ、その後、山梨県の峡南5町(富士川町・市川三郷町・早川町・身延町・南部町)広域の地域活性化を目指すNPO法人富士川・夢・未来の事務局長として10年にわたり、地域コーディネーター、6次産業化、広域連携、農商工連携支援、都市農村交流、コミュニティづくり支援等を進め、現在に至る。こしべんと開発・普及プロジェクト推進協議会、富士川町三筋活性化推進協議会、六郷地区活性化協議会、富士川町伝統文化活用実行委員会、峡南地域創生連携会議、その他各種協議会、検討委員会へ参画。
こちら

● 小池 太一
富士川町穂積地区にて、地元特産品のゆずを生産・加工・販売する「日出づる里活性化組合」組合長。ゆず事業の他、地元小室山妙法寺の境内を活用したあじさい植栽活動や、貴重な甲州野梅の展示などで、地域を盛り上げている。
こちら

    

● 今市 一雄
神奈川県より市川三郷町(旧六郷町)落居地区へ移住し、地元有志とともに「落居の未来を考える会」を結成し、代表に就任 耕作放棄地を活用した「みんなの農園」を開設し、農業体験受け入れを行うとともに、地元栽培のニンニクを活用した、6次産業化商品の開発を進めている。

● 青木 茂
社会福祉法人くにみ園 園長 こしべんと開発・普及プロジェクト推進協議会 副会長 南アルプススラックライナーズ代表として、各種地域活動に携わる社会福祉法人くにみ園 園長 こしべんと開発・普及プロジェクト推進協議会 副会長 南アルプススラックライナーズ代表として、各種地域活動に携わる。
こしべんと開発・普及プロジェクト推進協議会のサイトはこちら
    

● 依田 礼司
「虎王丸の会」会長 富士川町中部箱原地区にて、地域の耕作放棄地活用し焼酎に最適なさつまいも「コガネセンガン」を栽培、できあがった焼酎に地元の歴史的人物「虎王丸」の名前を付け、後生に広げる活動を地元有志とともに展開している。

● 一瀬 辰治
南部町にて、特産品であるお茶の栽培-加工をおこなう「農業組合法人 茶工房まるわ」代表。緑茶生産とともに、農業体験、紅茶やフレーバーティーなど茶葉の活用などを中心に、地域振興を進めている。
    

●藤尾 正英
身延町にて有機栽培野菜の生産販売を行う「らいず彩園」を主宰するとともに、「農業生産法人株式会社レクラみのぶ」の役員として、身延町の特産品「あけぼの大豆」の6次産業化を進めている。また、都市農村交流の活動グループ「風土人」の支援もおこなっている。
    

   
Copyright (C) 2015 kyonan community activity support council All Rights Reserved.